ブログ|平鶴のお得な情報をお届けします。
ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ山開き、日金山から富士山くっきり 熱海の隠れた名所

7e6d7af4d7d45a92745710f840cc851c-1024x683.jpg

熱海市と函南町にまたがる標高約765メートルの日金山(ひがねさん、十国峠)で26日、雄大な富士山を見ることができました。ケーブルカーで十国峠駅に登った首都圏などから訪れた行楽客らが徒歩15分ほどの芝の広場までハイキングし、山開きが間近に迫った富士山の眺望をじっくりと楽しんでいました。まだほんの少し雪が残っており、都内から訪れたという米国人のグループは「熱海は海も富士山もビューティフル」とSNSで発信。
 熱海市は今年10月から来年2月までの5カ月間、地方創生加速化交付金を使った外国人観光客の誘客事業を計画していた。事前予約で募った外国人観光客を熱海市内からバスで十国峠まで運び、夕暮れの富士山などを楽しんでもらった後、市内に戻り、ミールクーポンで夕食を楽しんでもらう内容でした。しかし、この国への申請が不採用となり、市議会6月定例会で補正予算を組み替えたばかりです。それでもこの事業を外国人誘客の目玉に期待する市は、実現に向けて再アタックしており、観光関係者は大きな期待を寄せています。
◆富士山の山開き 静岡県側(富士宮口・須走口・御殿場口)=7月10日、山梨県側(吉田口)=7月1日

52a6ad27415bd86ec64b57efbea27f98-1024x683.jpg

15a330f95bcbccf01c5a8233a4a4416a-1024x683.jpg

1049f88ec22a2e30de564b50fa4c394c-1024x683.jpg

IMG_7579-1024x683.jpg

湯めまちをどり華の舞 七月の番組

2395A507C7C790415DD627546B6601DB.jpg

熱海芸妓見番にて、毎週土日に開演している熱海芸妓の舞「湯めまちをどり華の舞」。一度だけでなく何度もお楽しみ頂けるよう、月ごとに、季節や各地の民謡など番組を変更しています。
普段なかなか目にすることが無いプロの踊りをご覧下さい。表情、振る舞い、着こなし・・・とても素敵(*^^*)歴史ある歌舞練場で、地方(三味線等の演奏)・立方(踊り)、息の合った公演をお楽しみ下さい。
 【七月の番組】
 一、来の宮参り
 二、さつまさ
 三、六段くづし
 四、きりぎりす
 五、滝の白糸
 六、夏の涼み
 七、大漁唄い込み
 八、三下り甚句

683F5F771DF6A7CD87388572C0892873.jpg

96FBECE4CB86487447229A0CD0886A15.jpg

wn_img1_201606270850096ea.jpg

マリンフェスタ・アタミ2016開催

0720marine04_20160625073931eae.jpg

7/24(日)、熱海の海のイベント「マリンフェスタ・アタミ2016」を開催します!
親水公園第3工区を会場に、ミス熱海の一日船長任命式、海上保安庁巡視艇「いずなみ」の船内見学、海上保安庁制服記念撮影、ヨット・モーターボート試乗会などを予定しています。
ぜひご家族そろって会場に足をお運び下さい。
日時/7/24(日)10:00~15:00
場所/親水公園第3工区(スパ・マリーナ熱海 第三桟橋)

0720marine05_2016062507393425a.jpg

wn_img1 (1)

道草さんぽスイーツマップ

wn_img1_20160624081518179.jpg

新しい「道草さんぽスイーツマップ」、好評です!
熱海でスイーツをめぐる街歩きを楽しんでみてはいかがですか?
熱海は昔から文人墨客に愛され、和菓子だけでなく当時では珍しい洋菓子もつくられていました。
天皇御用邸時代の温泉饅頭や、谷崎潤一郎が愛した銘菓など、クラシックなスイーツも今なお人気。
「熱海発見クーポン2」購入者にはスイーツ購入者特典もあり更にお得です!

F30241B242B46409A46C39BD934B5ECC.jpg

image_201606240815160bc.jpg

6B84152582C35F09D265AC514AA09F77.jpg

來宮神社例大祭スケジュール

wn_img1 (1)

樹齢二千年、国指定天然記念物「大楠」のある來宮神社は、漁業・禁酒・禁煙の神として有名で、毎年7月14日~16日には例大祭:通称「こがし祭り」が盛大に執り行われます。
15・16日の神幸祭は熱海の繁栄を祈る神事で、來宮の神々を御鳳輦(ごほうれん)に乗せ、町に降ります。宮司・神官をはじめ、総代・神役など御神幸行列は総勢500名を超え、壮大な時代絵巻の再現となります。
行列の中の天狗「猿田彦」は天尊降臨の際案内した神様で、御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中を案内します。この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられており、市民はこぞってかぶりに行くほどです。
例大祭での一番の見どころは16日の昼にサンビーチで行う「御鳳輦浜降り」です。四十二歳(厄年)をむかえた男性たちが声高らかに「みょうねん」と発し、神々に感謝の気持ちを表しながら御鳳輦を力強く担ぎ上げ浜から海中に入る神事で、古来より代々継承されています。
下記リンクページには本年度例大祭スケジュールをアップしました。
15・16日の夜には山車30基以上が出場する「山車コンクール」も開催しますので、ぜひ観覧にお越しください。

kogasi02_2016062208182687b.jpg

kogasi04_20160622081829487.jpg

kogasi05_20160622081830cbb.jpg

Appendix

Profile

hiraturu

FC2ブログへようこそ!

Powered by FC2ブログ

プロフィール

hiraturu

Author:hiraturu
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
ご宿泊料金とご予約はこちらをクリック